巻物

エイジングケアの雑記ぶろぐ

ホーム >> 肝臓は、お肌と密接な関係を持っています。肝臓に

肝臓は、お肌と密接な関係を持っています。肝臓に

肝臓は、お肌と密接な関係を持っています。肝臓には多くの血液が流れており、体内でできた物質を代謝・分解することにより懸命に解毒をしているのです。肝臓のはたらきが阻害されると、老廃物・有害物質が再び全身の血管を流れ、それが肌荒れやくすみを引き起こしてしまいます。



過剰なストレスを肝臓に与えないことが、血液をキレイにし、お肌を健康にしていくために欠かせない要素です。
ご存知の通り、敏感肌(先天的な要因の場合もありますが、後天的な生活習慣などが原因になっていることも多いでしょう)は、とてもナイーブなので、洗顔方法を誤ってしまうと、肌のトラブルが起きることがあります。

お化粧を落とす時、力をいれて顔を洗ってしまいがちですが、敏感肌(先天的な要因の場合もありますが、後天的な生活習慣などが原因になっていることも多いでしょう)の人の場合、力を入れて顔を洗ってしまうと、特に肌のトラブルを起こしてしまいがちです。

適切な洗顔方法を行って敏感肌(先天的な要因の場合もありますが、後天的な生活習慣などが原因になっていることも多いでしょう)のお手入れをしましょう。年齢を重ねたお肌は色素沈着によるシミがあるものです。


といいつつも、どうにかして改善できないか女性ならそう思うのではないでしょうか。
私の場合で言うとビタミンC誘導体を最初に導入し、その次には、ハイドロキノンの導入を行ないましたが、それでも満足できず、現在、レチノールで落ち着いています。



シミと戦おうと思うと最後は、レーザー治療が最適なのでしょう。
熱いお湯で洗顔すると肌にとってなくてはならない皮脂まで取り去ってしまいますし、洗えてないところが残っていると肌の潤いを奪い、ニキビなどの肌の悩みを作ってしまうので注意することが大事です。


顔を洗ったら、すかさずたっぷりの化粧水をそっと肌を包み込むように押し当て、必ず乳液を塗り、水分を逃さないようにして下さい。
結構乾燥しやすい目の周りや口の周りは、多少多めに塗るようにします。ニキビが悪化すると、芯を持ったように固い状態になって、触れると痛いといった症状が表れます。

ニキビが出来てしまった場合、ついなんとなくその箇所を確かめたくて触ってしまいそうになることがありますが、触るとまた雑菌が入って長引いてしまうといけないので、ニキビケアのクリームなどでケアしながら、清潔に保つようにするといいですよ。
自分に合った美白化粧品を捜すのはなかなか大変です。



シミがある方の場合、まず、自分のシミは何が原因なのかしることが大事です。どんな化粧品でも、自分のシミに有効でなければシミを増やす結果になりかねません。
美容外科で、レーザー治療などの本格的な治療をうけることもできますが、日々の生活習慣を振り返ってみることが健康な白い肌への最初の一歩だと断言できます。



私の場合、ニキビがひどくなってきた場合には、洗顔石鹸を使ってピーリングをしています。初めてピーリングを行った時は、肌にヒリヒリとした感じがありました。


それで、ちょっぴり怖くなって即座にやめたのですが、お肌が正常な状態になったら、そんなヒリヒリとした感じはきれいに消えて、ニキビがキレイに改善されました。それからは、ニキビができるとピーリングを行っています。シワを防止するためにも、メイクをした日は欠かさずクレンジングして下さい。
クレンジングをしないと、表皮にダメージを与えてしまい、すぐにシワができてしまいます。


さらに、洗顔を行なう際には、洗顔料を十分に泡たてて、優しく洗顔をするようにして下さい。


乱暴に洗顔したり、肌荒れを起こしたりといったことが、シワを造る原因になりますので注意して下さいね。疾病予防のために、タバコを止める人が増加していますが、タバコを止めることは、お肌にも非常に良く、プラスに作用します。ヒトがタバコをくゆらせている時というのは、お肌のコンディションを良い状態にしておくために必ず必要な栄養素である大量のビタミンCを、無駄に使ってしまうのです。



つまるところ、タバコを吸う行為は、シミなどに代表されるお肌の不調のモトになってしまうということです。

タバコを手放したらかわりに美肌(スキンケアも大切ですが、生活習慣や食生活も重要です)が手に入っ立というのも、多くの人が実際に感じている事実です。

素肌の年齢は、いつまでも若く保ちたいものです。

年齢以上に肌を衰え指せる要因、その最たるもの紫外線でしょう。しわの発生を抑えるために日焼け止めの利用が挙げられます。さらに日傘、帽子(バイザー)などを活用してしっかり対策をし、うっかり日光に当たってしまったら、冷たいタオルなどで、ほてりや赤みがひくまで冷やしたあと、保湿効果が高い美容液やクリームなどでたっぷりと潤いを与え、シミ・そばかす・シワの要因をのこさないようにケアしましょう。

肌の劣化防止に役たつはずです。

手裏剣


Copyright (C) 2014 エイジングケアの雑記ぶろぐ All Rights Reserved.
巻物の端